visual1_edited.jpg
 

エンカレッジ・ジャパン協同組合の

外国人技能実習生制度

(日本滞在期間は最長5年間)

◼️技能実習制度期間

外国人技能実習生制度とは、外国人が日本の企業での実習を通じて優れた技術・技能・知識を身につけ、帰国後母国の発展に役立ててもらう制度であり入国管理法の定めるところにより実施されています。まさに人を通じた国際貢献といえます。しっかりとした「雇用契約」のもとで技能習熟度を高めます。

フィリピン人技能実習制度|西葛西・葛西エリアの外国人技能実習生
フィリピン人技能実習制度|西葛西・葛西エリアの外国人技能実習生

フィリピンは、国民の約1割にあたる1,000万人が『出稼ぎ』として海外に進出し、政府もこの出稼ぎを国家の成長戦略の一つとして取組んでいる事もあり、国内総生産の10%はこうした出稼ぎによるものと言われています。

技能実習生は労働者ではありませんが、日本にも多くのフィリピン人が訪れるようになりました。2018年現在フィリピン人労働者の数は10万6,533人、中国とベトナムに次ぐ3番目の多さとなっています。また、フィリピンは国民の平均年齢が23歳ととても若く、活力に溢れた若年層の人材登用が可能である事も大きな特徴と言えます。加えて、公用語が英語である事が日本人とのコミュニケーションを円滑にし、業務を習得するまでの教育課程をスムーズに行えます。

line2_02.png
 

◼️製造業

事業内容

外国人技能実習生事業

◼️外国人技能実習生はフィリピンに限定しています

エンカレッジ・ジャパン協同組合は、外国人技能実習生の相手国をフィリピンに限定しています。それは経験上、フィリピン人が日本の職場に最も馴染みやすいと考えているからです。

conts_03.png

◼️建設業

私たちの組合は、建設業の法人が多く集まって設立した団体です。その為、現在活躍している実習生の多くは建設業に携わっています。どのような建設業のスタイルであっても長年の経験から丁寧にご説明しますのでお気軽にご相談ください。

当団体では製造業へ向けた実習生事業にも力を入れています。当団体では比較的女性が多く活躍する現場と言えます。面接時に様々なテストを行い、適性を見極めた上で研修を経ているため、細かい作業に真面目に取り組む事ができます。実習生の学ぶ姿勢は、受入れ企業様からも高い評価を受けています。

フィリピン技能実習生のことならエンカレッジ・ジャパン
フィリピン技能実習生のことならエンカレッジ・ジャパン
line2_02_edited.jpg
 

外国人技能実習生制度について

aftit_01_03.png
line2_02.png

技能実習法に基づく技能実習生の入国から帰国までの主な流れ。

フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入の流れ|お申し込み
フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入の流れ|期間
フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入の流れ|面接
フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入の流れ|期間
フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入の流れ|受入れ準備
フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入の流れ|受入れ準備
フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入の流れ|期間
フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入の流れ|入国
フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入の流れ|期間
フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入の流れ|技能実習第1・2号開始

​※技能実習2号への移行手続きと技能検定

フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入の流れ|技能実習開始

技能実習生の入国から約10ヶ月後に、技能実習生1号の期間中に修得した技術を基に技能検定(基礎級)を実施し、管轄入国管理局に資格変更許可・期間更新申請を行います。

フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入の流れ|期間
フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入の流れ|技能実習第3号開始

​※このタイミンで実習生は一時帰国(1ヶ月以上)します

外国人技能実習機構から優良認定を受けている受入企業/管理団体は、その後2年第3号技能実習の実施または管理が可能となります。

フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入れのタイプ

受入れる方式には、企業単独型と団体監理型の2つのタイプがあります。

フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入れのタイプ|企業単独型

日本の企業等(実習実施者)が海外の現地法人、合弁企業や取引先企業の職員を受入れて技能実習を実施する方式です。

フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入れのタイプ|団体監理型

事業協同組合や商工会等の営利を目的としない団体(監理団体)が技能実習生を受入れ、傘下の企業等(実習実施者)で技能実習を実施する方式です。

line2_02_edited.jpg

技能実習生の労働保険・雇用保険・健康保険・厚生年金保険は日本の従業員と同じ扱いとなります。

フィリピン技能実習生|技能実習生制度|受入れの人数枠

人数枠は、実習実施者(企業)が1年間に受入れられる技能実習生数の上限です。技能実習生1号の受入れ人数は、実習実施者(企業)を超えることはできません。

aftit_01_03.png

[技能実習2号]

国際研修協力機構が実施する技能実習1号での成果の評価を得て、技能実習2号への移行が適格であると法務大臣が認めたものをいいます。

フィリピン技能実習生|技能実習生制度|保険について
フィリピン技能実習生のことならエンカレッジ・ジャパン
フィリピン技能実習生のことならエンカレッジ・ジャパン
 

​フォロー体制

入国管理局をはじめ、様々な行政機関から提出を求められる書類の作成や、実習計画にいたるまで万全のサポートを行っています。 同じ国出身だからこそ分かり合えるような問題を経験豊富な在日スタッフが実習生の悩みを解決に導いていきます。

フィリピン技能実習生のことならエンカレッジ・ジャパン|山内一晃 行政書士

山内 一晃

行政書士

江戸川区で入管業務に携わっております。

入国管理局や行政機関に提出する書類作成をはじめ、様々なニーズに対応致します。

フィリピン技能実習生のことならエンカレッジ・ジャパン|杉本ローズマリー 日本語講師・実習生サポーター

杉本ローズマリー

日本語講師/実習生サポーター

マニラで日本語学校を運営し、日本とマニラを行き来しています。日本滞在時は主に実習生のサポートを担当しています。

杉本ラーニングソリューションズのプロフィール

 

組合紹介

自国スタッフによる万全のサポート体制

エンカレッジ協同組合では、外国人技能実習生が受入れ企業で生じる様々な課題に自国スタッフが定期的に巡回し解決のお手伝いを致します。また、受け入れ企業様向けにも専属のスタッフが行政手続きや技能実習計画などの実務サポートも行っています。

フィリピンの首都マニラにある送出機関では日本語学校と提携しています。将来の実習生はここで日本語を学ぶだけではなく、日本で就労経験のあるスタッフが日本の文化も

習得できるようにフォローしています。

フィリピン技能実習生のことならエンカレッジ・ジャパン|組合紹介

名称:エンカレッジ・ジャパン協同組合

住所:東京都江戸川区東葛西8-36-3

TEL:03-6240-5760
FAX:03-6240-5767

Email:encourage.japan0115@gmail.com

URL:https://www.encourage-japan.com

​設立:令和元年12月

<組合員>

世良啓 / 埼玉県比企郡ときがわ町五明1026番地1 / 内装工事業

株式会社A-YU / 東京都江戸川区東葛 西八丁目36番3号 / 内装工事業 

株式会社坂信装飾 / 東京都江戸川区船堀 一丁目1番16号 / 内装工事業

プライムファクター株式会社 / 戸川区南葛西四丁目21番3-402 / 建築リフォーム工事業

​​​

組合の事業 

   

(1)組合員の行う内装工事、建築リフォーム工事の共同受注

(2)組合員の取り扱う常備使用品、工事部材等の共同購買

(3)組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

(4)組合員の福利厚生に関する事業

(5)前各号の事業に附帯する事業

(6)組合員のためにする外国人技能実習生共同受入事業

(7)外国人技能実習生受入れに係る職業紹介事業

フィリピン技能実習生のことならエンカレッジ・ジャパン
フィリピン技能実習生のことならエンカレッジ・ジャパン